2年連続で国内VMS市場シェアNo.1を獲得

2年連続で国内VMS市場シェアNo.1を獲得

映像監視システム「ArgosView」とクラウド録画サービス「Ciero」を基軸に映像のIoT化をさらに強化

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社(以下、VIO)は、株式会社富士経済(以下、富士経済)の調査の結果、国内VMS(ビデオ・マネジメント・システム)市場において2017年シェアNo.1(金額ベース)を獲得したことを発表します。
 




 

※1 富士経済「2017、2018 セキュリティ関連市場の将来展望」

 

公共分野での需要増などで拡大。VIOは市場シェア34%

今回の調査によると、社会インフラをはじめとする公共分野でのIPカメラ市場の拡大に伴い、国内VMS市場が成長しており、市場規模は2016年に比べると2021年には33%増加すると予想されています。
VIOはパナソニック株式会社(当時の松下電工株式会社)の社内ベンチャー企業として1996年に創業し、映像監視システム「ArgosView」を主力製品として、さまざまな分野で映像ソリューションを展開してまいりました。さらに、2018年6月には、簡単かつリーズナブルに利用可能なクラウド録画サービス「Ciero」をリリース。小売流通業界をはじめとして、様々な市場に展開しています。この結果として、このたび市場シェアを昨年度比3ポイント上昇させ、34%(金額ベース)を記録。2年連続シェアNo.1を達成しました。

映像活用需要を鑑み、VMSのさらなるIoT化を推進

国内の映像監視市場は、従来の“監視”“録画”という基本機能の利用から、映像活用へと移行しつつあります。これに対し、VIOは、パートナー企業と協業し「ArgosView」の持つ“つなぐ”機能を強化することで、設備センサとの連携による災害の自動通知や、警備システムとの連携による省力化を行うなど、映像監視の高付加価値化を推進してまいりました。また、2018年10月15日には、より簡単に他システムとつなぐことができるログ連携機能の実装を予定しております(2018年9月6日既報)。
今後、さらに映像活用の需要が拡大することを鑑み、より簡単に、より便利に、つなぐ機能を強化することで、IoT時代に対応したVMSの開発強化を加速してまいります。これからも、トップシェアベンダーとして、ITセキュリティやインフラ技術と映像ソリューションを融合させることで、世の中に安全・安心・便利を届けてまいります。

関連リンク

Cieroクラウド映像監視システム
 
ArgosView映像監視システム

  工場・物流の生産現場向け事例
  流通業・小売業、金融業様向け事例
  通信・データセンター様向け事例
  自治体・ビル管理業・警備業様向け事例
  自治体・省庁様向け事例
  鉄道会社・道路公団様向け事例
  電力会社様向け事例
  食品・製造メーカ様向け事例
  大学・専門学校・学習塾様向け事例